トランクルームって?

「トランクルーム」は、狭義ですと【倉庫業者による荷物の管理サービス】という意味合いを持ちます。

なお似たようなサービスでは「レンタルスペース」があります。
これは賃貸借、つまり収納のための空間を間借りして、自分で荷物を管理します。
ただし広義の場合、このタイプも含めてトランクルームと呼ぶ場合があるので、利用の際は確認が必要です。

倉庫業には、「倉庫業法」という法規があり、これに従わないことには、倉庫業を名乗ることはできません。
セキュリティーがしっかりしており、荷物へのアクセスのために許可や立会いが必要となることがあり、また決められた時間にしか荷物の出し入れができないことがあります。
それは容易に荷物に近づけないようにする、という防犯面での仕様という側面もありますので、一概に欠点とは言えません。

倉庫業法に基づいて、建造物、設備、管理などをしっかりと運営している業者には、優良なトランクルーム業者である、という認定のマークが与えられます。この認定マークの有無も、業者選びの判断材料になります。

トランクルームの形態も様々あります。

まずは屋外型。
屋外のスペースに、コンテナが並んだ形式になっているのが一般的です。

そして屋内型。
ストレージ、トランク、クローゼットなど、規模も形状も異なります。
部屋の内部をパーテーションで分割し、収納スペースをつくるようなものが一般的です。
建物の内部なので雨風や日照のリスクはとても低くなります。とは言え、空調管理の有無は荷物の保存状態に大きく関わりますので、屋内保存だからと安心せず、対策がされているか確認しましょう。
屋内型の利点は、建物への入館の時点でチェックがあることが多い点です。部外者は、建物内にすら至ることができませんので、防犯上の強みと言えます。
同じ建物内であっても、複数の収納タイプが共存していることがあり、それぞれに最適な荷物や料金体系の違いなどがありますので、自分にぴったりのものを探してください。

👉🏼おすすめ:トランクルームを東京・神奈川エリアでお探しならアルファトランク