子供の勉強スペースをよりよく

幼い時期の勉強というのは、それ以降の人生に直接影響する、非常に大事な時間です。
お子さんの才能を最大限引き出し、楽しく豊かな人生を歩んでもらうためにも、子供の勉強スペースを快適に作り上げることが重要になってきます。
大事な子供には、勉強に楽しく集中できる空間を作ってあげたいですよね。

しかし小さな子供は、概して集中力がないものです。勉強が苦手、できない、嫌い、そうした性格の子供でなくても、集中力を持続させるのはなかなか難しい。
集中できる勉強スペースを構成するには、どう工夫すればいいでしょうか。

子供に限らず、勉強は机で行います。 学習に集中するには、机を適切な形でセッティングし、整理整頓することが必要になります。
集中力が途切れがちな子供のための学習机作りは、雑然としないように気をつけます。目の前が散らかっていると、気分も散逸気味になるものです。必要なものだけを机に出しておき、使ったら元に戻すを徹底します。

子供部屋は誘惑がいっぱいです。漫画や本が目に入るところにあると、気がそれてしまいますし、手に取ってしまったら、そちらの世界に没頭してしまうことでしょう。子供はそういうものですから、悲観する必要はありませんし、きつく叱らないようにしてください。
机の上には、勉強道具以外は基本的に置かないようにしましょう。漫画は本棚にしまって、読むときに随時取り出し、机に持ってきて読む。そうしたルールを作って、確認しながら順守する習慣をつけると良いでしょう。

引き出しも勉強道具だけにするのが理想です。そしてここは整理することが大事なところです。引き出しには区切りをつけ、筆記用具のスペース、消しゴムのスペース、定規のスペース、という区分を設けます。使用後は、定位置に。整理整頓の基本を身につけてもらう練習にもなりますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です