本棚整理の心得

ご家庭に、本、書籍、雑誌類はどれくらいありますか?
読書はとても広く愛されてる趣味の一つです。本屋さんに行くと、まだ読んでいない本が家に溜まっていても、興味があるものをつい買ってしまう人、多いのではないでしょうか?

趣味のものが増えるのは、純粋に楽しいことです。ですが、それがうまく整理できず、乱雑に積み上がって、「汚くて嫌だな」と感じてしまっているようであれば、本末転倒です。何かしらの対処が必要ですよね。

本棚には、格好のお手本となるものがあります。
本の管理と収納において、本屋さんに敵う存在はいませんよね。もし、ご家庭の本の整理、収納がうまくいかないで困っているのならば、本の管理のプロ、書店のメソッドを参考にしてみましょう。

本屋さんは、本棚に書籍を収納しています。それはご家庭でも同じことでしょう。違いは、分類にあります。書店の棚の分類を思い出してみてください。いくつかの分類の基準があることがわかりますね。
大まかに、まず、本の形、大きさで分類されています。文庫コーナー、大型本コーナー、一般的な単行本、新書といった具合です。さらにその中で、内容のジャンルで区別が設けられています。
これは非常に合理的で、物理的な事情と意味的な事情の両方をクリアするものです。まずは、このセオリー通りの分類をしてみてください。
おそらく、ご家庭には一部屋につき本棚は一つしかないと思います。ですので、一つの本棚を、本のサイズでゾーニングして、さらにその内部を、ジャンルで分け、同じ区分のものをまとめておきましょう。

省スペースにおいて合理的で、かつ、自分がどんな本を探しているかが明確になります。読み終わった本を戻す際も、迷わずにすみますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です